2004年10月31日

ドラフト・ギネス

 パブでは飲んだことがあるが、缶で飲むのは初めて。

 このビールの缶内には、フローティング・ウィジェットという白いプラスチック製の球形のカプセルが浮かんでいる。このカプセルのおかげで、開缶と同時にサージング(泡立ち)を起こし、豊かでクリーミーな泡のビールを作り出すという。

 早速開けて注いでみる。確かに、サージングを起こしている。グラス全体にきめ細かな気流が発生した感じだ。やがて、ガラスの上部に泡の膜が出来た。
 
 早速飲んでみた。うん、うまい。泡までまろやかだ。パブの味と比べると確かに落ちるが、まろやかで飲みやすい、ギネスビールだ。

 あまりに美味しいので、一息に近い感じで飲み干してしまった。久々にギネスを飲んで思ったのが、意外と癖がなくて飲み易いということ。しかも、軽い。

 喉が渇いたときに一気に流し込むのもいいかも。

 またアイリッシュパブが恋しくなった。
posted by むちまろ at 19:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | 外国のビール
この記事へのコメント
やほー。
こんなの見つけたのでURL貼っておくね。別にキリンの回し者ではありません。自分がほしいなと思ったもんで・・・。
http://www.kirin.co.jp/brands/ureshii_shokutaku/campaign/index.html
Posted by まる at 2004年12月06日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL