2005年07月30日

チャールストン フォーリーズ

 チャールストン フォーリーズはフランス原産のリキュール。銀色に塗られた瓶がひときわ目を引く。

 僕が買ったものには原材料等が記されていないが、トロピカルフルーツを原料にしているらしい(未確認)。味は確かにトロピカルな感じがする。ただ、香料と酸味料が使われている。

 色はカラメル色。カラメル色素を使っているのだから当たり前か。

 チャールストン フォーリーズはそのまま飲むとちょっときつい。甘ったるいのだ。しかもしつこい感じがする。
 あくまでカクテルの材料と考えたほうがいいし、おそらくはそれを意識して作られているのだろう。

 僕はグレープフルーツで割ってみた。結構うまい。烏龍茶にも合う。ただ、元がかなり甘い酒のため、あまりチャールストン フォーリーズを入れると甘さがきつくなる。
 個人的には、ジュース類8〜9に対してチャールストン フォーリーズ2〜1くらいの割合がいいのではないかと思った。
 
 正直に言うと、甘い酒が大好きな僕にもちょっときつい甘さに感じた。まずくはないが、大量には飲めない感じ。

 ふと、フランス人が思い描くトロピカルってこんな感じなのかなと思ったりした。フランスで思い描かれる日本もほんとの日本からはずれているだろうなと、お酒を飲みながらちょっと不安になった。

品名    リキュール
原産国   フランス 
容器の容量 750ml
アルコール分20度
着色料(カラメル)、香料、酸味料
輸入者名  日本酒類販売株式会社 
posted by むちまろ at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | リキュール・酎ハイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL